エンジニア戦記

【Unity】重い。容量減らして軽量化したい

そろそろ手持ちのネタがなくなってきた


f:id:nuakam:20180124180536j:plain


知らないうちに容量が上がっていくUnity


肥大化すると

  • 起動が遅くなる
  • コンパイルが遅くなる
  • 視認性が悪くなる
  • 謎のエラーが起こる

といった由々しき問題が頻繁に起こる。


スマホアプリの場合は完成したapkファイルの容量がでっかくなる。
App storeだとアプリの容量が100Mb超えてしまうとWi-fiでしかダウンロード出来なくなってしまう。


アプリの軽量化

コンパイル後のapkやipaの容量はconsoleの三マークから Open Editor Log を選択すると詳細がわかる。

参考
qiita.com


とりあえずネット記事を参考に色んな手段を試してみたけど、1つ2つやったところで解決しないのよね、やはり。

Resources

大体の問題は画像や音声データによる圧迫。

Resourcesフォルダを使っているならば、別フォルダに退避させると容量削減につながる。

このフォルダはスクリプトからImageをロードするのに、経由するとかなりスムーズになる特殊フォルダ。
ただ無圧縮状態でapkファイルに挿入されてしまうため、けっこうなファイルサイズになってしまう。

サウンドファイル

音声データは一般的にアプリ内に同梱させないものらしい。
ソシャゲなんかでも初回起動時に Now Loading... なんかやってサーバーからデータダウンロードする形式が多いように別途ダウンロードし端末に保存させよう。

購入したAssetの整理

外部アセットを導入しても一部の機能しか使わないし、だいたいサンプルも一緒にimportしてそのままになってたりする。
完成品として上げるときは余計なものは極力省くようにするべし

プライバシーポリシー 免責事項