もうIQOSは簡単に手に入る時代

実は喫煙者だったりする。


またもや技術とは関係ない話をする技術ブログ。




IQOSといえばアメトーークで特集されてから手に入れるのが大変でした。

当時はあからさまなステルスマーケティングで、もはやダイレクマーケティングと言っていいほどの推し推し
一気にレビュー記事で溢れたり、口コミサイトでモサモサしたり。


その結果、超品薄。価格高騰。転売屋さん大儲け。




その間ぼくは、エコー。




エコーって美味しいよ。
セブンスター系吸ってたらほとんど違和感なく移行できる。



たまにゴールデンバット売ってる店を発見したらコウモリを。



安い。お得。でも導火線と呼ばれるだけあって、吸い終わるのが早い。



ゴールデンバットは、かの芥川龍之介太宰治が愛煙していたらしいので大文豪になった気分で一服できる。


更に現在発売されている日本製のタバコとしては最古の銘柄で歴史があるのだ。

もともとは中国への輸出商品として製造していたため、中国で幸福の象徴であるコウモリがブランドロゴに描かれているとかなんとか。


幸福の象徴。

フィルター付いて幸福もフィルタリングされてしまったのは残念。




あれIQOSの話どこいった。



そう。IQOSが出てから、gloやプルームテックなんてのもでて、既にプルームテックは試していました。

プルームテックは純正品(5千円くらい)じゃなくても問題なく使えるんで、amazonで安い本体買って使ったんです。
そこらへんの記事はネットにいっぱい転がってます。


噂通り、キック力が少なくて物足りません。




うーん‥じゃあアイコスも試してみるかー売ってるのかなーって店に行くともう簡単に手に入るようです。




私が赴いたお店は 横浜駅側のたばこ専門店『岸商店』 というところ。
横浜駅から3分とのことでしたが、5分かかりました。(だからなんだ)


「IQSO本体ありますかー?」


「ありますよ。クーポン登録してる?」


「してます。ー」



と。

事前に3000円引きのクーポン登録しておきましょう。
こういうタバコやさんは、その他販売店になると思います。


ちらっと見るとけっこう在庫ありました。


f:id:nuakam:20171005191622j:plain

f:id:nuakam:20171005191641j:plain


いやーライバル商品が出ると品薄も終わるんですねぇ。


吸った感想は、なんとも言えない。
可もなく不可もなく。

ただ持ったとき見た目アメしゃぶってるみたいでちょっとかっこ悪くなる