読書の秋についての雑談

今週のお題「読書の秋」

技術ブログだー!と何度も何度も謳いつつ、またもや技術と何も関係のないお話。


お題

はてなブログには、公式サイトによる「今週のお題」なんてものがあるらしい。
ブログサービスにはよくある、よくある。



何となくお題に投稿したいなーなんて思ってのこの記事。

マイお題

他にもユーザーがお題を出して、誰かが記事を書いてくれる「マイお題」サービスもあって出してみた。



それがこれ お題「涼宮ハルヒの思い出」 - はてなブログ 
ちょっと前にアニメ涼宮ハルヒを見て、面白かったのでこんなお題を。



ハレ晴レユカイ(フル)



涼宮ハルヒの憂鬱」って名前だけは知ってたんだけども、初めて見た。



あーEDいいねぇー。京アニの絵柄は昔っから変わらんなー。
ハルヒイラッとするなー。



とか思ってたら


エンドレス8
エンドレスエイトとは (エンドレスエイトとは) [単語記事] - ニコニコ大百科



なげーよ。
何回同じ話やるんだよ。




ということで最後まで見れず打ち切ってしまいました。

ストーリーは面白かったから原作読んでみようかな。

でも未完なんだよなぁ。



で、そのお題を記事にしてくれた人がいて
涼宮ハルヒの思い出、のお話。 - 兼業Pの日々のカタコト

嬉しい(*^^*)

記事全部に共感してしまった。

読書の秋

まだ暑い9月末。
全然読書に適していない。




僕はいわゆる活字中毒の気があり、常に本なりネットなり文字を読んでなきゃ落ち着かなかったりする。


話題作を手当たり次第ではなく、好きな作品をずーっと繰り返し読んだり。
好きな作家さんの作品を全部集めたりするタイプ。

無駄に中古店回って初版本を何冊もコレクションしたりも。


愛読ジャンルはホラーや超心理学、ミステリもの。そして戦記もの




ええ。ブログタイトルは戦記が好きだからこうなったのさ。

f:id:nuakam:20170923225109j:plain:w300



好きなジャンルでピンと来る人もいると思うが、小野不由美の大ファン。




そう、「十二国記」。

ずっと待ってる。


新刊が出るのを。




気が遠くなるほどに。



未読の方はぜひ手にとってみるといい。

新潮文庫 十二国記セット
(ちなみにこのリンクから購入しても僕には1円も入らない。)



十二国記の新刊がなかなか出ないから、「十二国記 似てる作品 オススメ」 って検索する。




それで挙がるのが、デルフィニア戦記 彩雲国物語 アルスラーン戦記 …などなど。





ぶっちゃけ似てない。

でもこれはこれで面白かったりする。



デルフィニア戦記

放浪の戦士〈1〉―デルフィニア戦記 第1部 (中公文庫)



やっぱり十二国記が一番だけど、デルフィニア戦記も面白い。

ちょっとコミカルでラノベ寄り。
キャラの掛け合いが快活でサクサク読める。




なにより素晴らしいのが、作家の茅田砂胡がめっちゃ速筆。ガンガン新刊出す。

ファンにはとても嬉しい。



デルフィニア戦記自体は完結してるけど、異世界で、同じ時間線、同じキャラがずーと水戸黄門してる。

直近の話題だと舞台化もしてたような。。。



アルスラーン戦記


王都炎上・王子二人 ―アルスラーン戦記(1)(2) (カッパ・ノベルス)


アルスラーン戦記は何度か漫画化、アニメ化もしてる有名な作品。

作家は大御所の田中芳樹銀河英雄伝説とか有名。



遅筆としても有名。
ラスト1巻がなかなか出ない。




それがなんと先月2017年8月に新刊情報が!!!!


1巻から最終巻まで実に30年!


ちょっとした古酒並に熟成してくれたもんだ。
30年物のワインなんて安くて20万円高いと100万円はするんだゾ。




デルフィニア戦記を少しシリアスに戦記っぽくしたのがアルスラーン戦記


小野不由美を更に遅筆にしたのが田中芳樹



彩雲国物語は女子寄りな作風が強いらしく実はまだ未読。
そのうち読んでみたいなぁ。


そんなわけでアルスラーン新刊待ちつつ、十二国記読み直しつつ、ハルヒを手にとってみたいという雑談でしたー。