GitHubのデータを更新させる

 前回のページ


GitHubの用語ってなんでルー大柴みたいな説明なんだろう。

わかりにくい。

GitHubデータ更新のメモ。

 

 

 環境

ubuntu for windows10

GitHubに初回アップ済み

ローカルデータ更新済み

用語,コマンド

$ git status

変更されたファイルの一覧を表示。

-s で説明文を表示しない。  -b で説明文は表示せず、ブランチ名は表示させる。

 

$ git add  ファイル名

ファイルやディレクトリをインデックスに登録。

 ファイルは正規表現可能。

オプションは色々ある。

 

stage

簡単にいうと「stageする」=「特定の変更内容をindexに登録する」=「次回コミットに含めるようgitに指示する」

 

インデックス

コミットするファイルを保管するところ。

 

コミット

リポジトリにファイルを登録する操作。

 

参考

Git初心者に捧ぐ!Gitの「これなんで?」を解説します。 | KRAY Inc

基本操作 | 逆引きGit | サルでもわかるGit入門 〜バージョン管理を使いこなそう〜 | どこでもプロジェクト管理バックログ

作業ディレクトリから

ローカルの更新に合わせてGitのデータを更新したいときのやり方。

まずは以前にデータをアップしたディレクトリに移動。

$ cd "作業ディレクトリ"

$ git status

# On branch master
# Changes not staged for commit:
#   (use "git add <file>..." to update what will be committed)
#   (use "git checkout -- <file>..." to discard changes in working directory)
#
#	modified:   変更したファイル
#
no changes added to commit (use "git add" and/or "git commit -a")

 

 git statusで前回との差分ファイルの一覧がわかる。便利。

modified(日本語:修正)のファイルが変更があったファイル。これらをGitに送りたい。

 

ちなみにメッセージは

コミット用のstageできてないファイルは以下の通りだよ~

git add ... をすればコミットするよ~

git checkout --  ...をすればこの変更全部なかったことにするよ~

とか言ってる。

 

$git add -A

ステージに変更箇所をすべて上げる。

-A は新規作成、修正、削除といった全てのファイルをaddする。

詳しくは以下のリンク先サイトが分かりやすい。

git add -A と git add . と git add -u の違い - Qiita

 

 $git commit

エディタが立ち上がるので、コメント書きたければさっとコメント書いて保存。

 

 $git push

ローカルリポジトリにあるファイルをリモートに登録して無事終了。

 

参考

https://github.com/Shinpeim/introduction-to-git/blob/master/03_second_commit.md